童貞と風俗の密な歴史

いつの時代も男性と風俗の間にはちょっとやそっとじゃ切り離せない密な繋がりがあります。

プロの風俗嬢のテクニックを堪能したい、一般女性には遠慮して話しかけられない、風俗を利用する男性は皆自分なりの理由や目的を持っているわけですが、童貞風俗を利用するのは一つ、最大の好奇心がそこにあるからでしょう。

余談ですが、ビデオや雑誌ではモザイク処理のされてある女性の一番秘めた部分…そこが本当はどうなっているのか見てみたい、私は常にそう思っていました。初めて風俗嬢のソレを見たときには正直「…うわあ」と思いましたが、とても興奮したことを覚えています。

童貞の密な歴史:1990年代

ちょうど時代が平成へ移った頃、経済状況の変化と共に男性と女性の「性」に対する意識も変わってきました。変わってきたというよりは、それまで巧みに隠されてきた女性の性欲というものが表に現れ始めたのです。

女性でも性欲がある、女性でもオナニーをする、AV女優は全員が全員嫌々やっているわけではない。

日本人男性が持っていた主観を180度ひっくり返す新常識でした。

それまでお願いしてセックスしてもらう立場であったはずの男性と、お姫様感覚でそれを承認する立場であった女性とのバランスが変わり始め、セックスに対するハードルが一気に下がります。そうなれば童貞であることへの焦りも少しずつ減り始め、童貞であることを特に気にしないという全く新しい風潮も生まれた出したのです。

童貞の密な歴史:2000年代

2000年に入ると更に社会は激変し、ネットの普及によって庶民の生活までもがガラリと変わりました。

特に現代でも童貞に多い「オタク」と呼ばれる存在が勢力を強め、世間になんと言われようとそのスタイルを変えない彼らの生き様に共感する者も多く現れます。そんな存在が認められ始めると、また少しずつ世間一般の童貞に対する差別感も弱まり、男女問わず童貞に対する抵抗感が無くなっていきます。

同時に、情報が溢れかえる社会で「ヤリマン」「ヤリチン」などと呼ばれる存在も増え、「セックスを尊重する方がカッコイイ」と「セックスは数経験している方がカッコイイ」という二大ポリシーが席巻します。

いずれにせよ童貞にとっては以前より住みやすい世の中になりました。女性にも性欲があるということが新たな常識として定着した今、男女の性欲はさほど大差ないものとなり、処女に比べて童貞だけが差別視される時代ではなくなったわけです。

風俗の密な歴史:1990年代

1990年代の風俗と言えばノーパン喫茶、テレクラ、トルコ風呂(現ソープランド)などが主流で、社会人になりたての新人社員などはよく先輩社員に連れられて半強制的に行かされるが慣例だったりしました(無論喜んでいますが)。

待合室で他の客と気まずい時間を過ごしながらもドキドキしながら順番を待つわけです。終わったあとは一緒に来ていた先輩達に感想を聞かれたり、接客してくれた女の子のランク付けを行ったりするのが常でした。

風俗の密な歴史:2000年代

2000年に入り携帯電話やネットの普及で、これまで風俗を利用したければお店に行く、という一種の常識を覆す新たな風俗業が著しい成長を見せ始めます。それが「デリヘル」です。自宅やホテルへ女の子を派遣できるシステムのデリヘルは、2000年以降じわりじわりと人気を集め始めます。

出張先や赴任先では勿論のこと、一人暮らしの男の部屋に女性が尋ねてくる、というこれまでにない悦びを得られるのもデリヘルの良いところ。その利用しやすさから着々と風俗界での地位を築いてきていくのです。

電話一本でデリバリー可能、お店でのパネル見学に代わってネットでの閲覧が可能、2000年代のネット社会に上手くフィットしたデリヘルは、周囲を気にせずじっくりたっぷり女の子を選ぶことができます。女の子を閲覧するだけでもかなり楽しめますよ。

風俗を上手に利用する:前後ページ

風俗を上手に利用する」前後のページに飛べます。

童貞脱出〜風俗で女性経験をアップ!

童貞脱出のためにはやはり女性のことをもっと詳しく知る事が必要。それなら断然風俗がおすすめ。
中でも今一番アツいのが「デリバリーヘルス」という風俗業。
文字通り、自宅やホテルに女の子が“デリバリー”されくれる、この通称「デリヘル」は、“お店に行く”というリスクをなくし、まるで生身の“彼女”と遊べているような感覚を得ることができます。
現在かなり人気急上昇中の風俗。まずはデリヘルを使って女性に慣れるところから始めてみましょう。

デリヘル、風俗に関する解説ページはこちら

デリヘル使って女性に慣れてみる
〜かわいいデリヘル嬢写真でお店を選べるデリヘル検索サイト〜

デリヘル1分間!