彼女という存在

彼女とは、童貞にとって憧れの存在です。女友達とも家族とも違うその存在は、考えただけでとても魅力的。誰しもが1度は「彼女ができたら」を想像すると思います。それを想像に終わらせずに現実にできる日がくること、童貞悩み脱出サイトでサポートしたいと思います!

彼女ができたとき

私に初めて彼女ができたのは30歳を超えてからでした。それまでは全く女性に縁がない人生を送っており、学校でも職場でもまともに女性と話したことはありませんでした。

20代前半まではそれなりに気にしてはいましたが、20代後半になると悩むことすらしなくなる酷い状況でした。諦めでもあり開き直りでもあり、私はこのまま一人で過ごそうと思っていたのです。

しかし30歳を超えてからそんな自分にようやく疑問を感じるようになり、なんとか頑張ってみたい!と思い始めました。まずは女性と普通に話せるようになるところから。今も多少名残がありますが、それまでの私は女性と顔を合わせるのすら億劫でした。そこからでも払拭していこうと奮闘し、一年以内に女性と二人で食事をするところまで行けるようになりました。私に初めて彼女ができたのはその少し後です。

彼女を作るステップ

私の場合は、普通の人が彼女を作る前の前ぐらいの段階からのスタートでした。顔を合わせるのが苦手なら、合わせずに交流できる方法はないかと。それでインターネットの掲示板から実践してみることにしました。当然私も相手の顔を見ることはできないのですが、それでも「女性と直接会話をしている」という事実は、私にとって大きな一歩でした。

その後は階段式に少しずつ挑戦していきました。その時点での最終目標は「相手を好きになったら素直に告白する」でした。それが出来れば変われそうな気がしたんです。

以下は私が実践してみたステップです。

女性と1対1で会話してみる彼女を作るステップ1

出来ている人には何てことのないことですが、出来ない人にとってはまず最初の難関ですよね。話のネタ以前に、顔を向けて話をすることに本能的に遠慮してしまうんです。

私のように極端に苦手意識を持っている人は、インターネットでの会話から入るのがお勧めです。とくに出会い系の掲示板などでは女性の方も出会いや会話を求めています。普通に知り合う女性より、断然会話がし易いです。

女性と1対1で会ってみる彼女を作るステップ2

特定の女性とネットを介しながらも会話ができるようになったら、次は会ってみます。実際に顔を合わせる行為になるので、嬉しいような怖いような不安や緊張を連れてきます。しかしここを超えなければ次に進めないので何とか頑張りましょう!緊張こそあれど、会う段階まで話が進んでいるということは向こうもこちらに興味を持ってくれているということです。親しくなれてきたと感じたら、思い切って会ってみましょう。

特別なイベントに誘う彼女を作るステップ3

女性と1対1で顔を合わせたと言っても、それだけではまだ彼女ではありません。普通の人で言えばそこが入り口です。しかし、大きな大きな一歩です!ここまで頑張れたら、次はただ会うのではなく、何か目的を持った誘いをしてみましょう。勿論イヤらしいことではなく、食事などの、あくまで「友人として」通用する範囲です。それを少しずつ重ねて行き、二人でいることに自然と慣れて行きます。

告白彼女を作るステップ4

女性とまともに会話すらできなかったのに、告白など別世界のことだと思います。私もそう思っていました。けれど出会い系サイトから知り合った女性には、不思議と他の女性にない親しみやすさがあります。普段職場などで見る女性には一生かかっても無理そうなことが、出来るような気になるんです。女性側がそういう近寄りやすい雰囲気を出してくれています。

私はこの「告白」までを行うまで、数人の女性と交流を持ち、ある女性と二ヶ月弱かけて「デート」というものをするようになりました。その女性のことは会う前から「いいな」と思っていたので、デートに誘うことが出来たら絶対に告白をする、と自分の中で決めていました。

そして何度かデートまがいのことを繰り返したのち、ついに告白しました。さすがに直接は言えませんでしたので、メールでしました。何十分もかけて書いた文面を何度も読み返したり、送信を押すのを躊躇したりして。まさか自分にこんな試練がくるなど、数ヶ月前は思ってもいませんでした。

返事は次の日まで来ませんでしたが、大学の合格発表より気になって仕方がありませんでした。そして彼女が、私の童貞喪失の相手となりました。

彼女との初めてのセックス

彼女と初めてセックスしたのは、私の部屋でした。初めて彼女が私の部屋に泊まりに来たときです。私は彼女に、自分が童貞であるということを早い段階で告げていました。彼女は私より2つ年下でしたがセックス経験者でした。

電気を消して狭いベッドで寝ました。それすら初体験な私はそこからどうすべきかを必死に考えました。このまま寝るべきかどうか。初めて泊まりに来た時にセックスをするというのは女性から見てどうなのか、そんな事ばかりを考えていました。

すると彼女の手が私の体に伸びてきました。それを合図に私の理性が飛び、暗闇の中彼女の唇を探してキスをしました。軽く重ねる程度なら付き合ってから何度かしていましたが、完全なディープキスはそれが初めてでした。ただただ夢中でした。

私が勇気を出して「はじめてだけど・・・」と言ってみると、彼女は言葉なしに私を導いてくれました。私自身も風俗で教えて貰ったことや自分なりに勉強したことを何とか絞りだし、持っている全てを彼女にぶつけました。

終わったあとは暫く呆然としていました。今セックスをしたのか・・・ぼんやりとそう思ったことを覚えています。お恥ずかしいですが、少し目を潤ませてしまいました。本格的に実感したのは、次の日の朝でした。昨日までの自分と違うんだ、と思いました。

童貞脱出後の道程:前後ページ

童貞脱出後の道程」前後のページに飛べます。

童貞脱出〜風俗で女性経験をアップ!

童貞脱出のためにはやはり女性のことをもっと詳しく知る事が必要。それなら断然風俗がおすすめ。
中でも今一番アツいのが「デリバリーヘルス」という風俗業。
文字通り、自宅やホテルに女の子が“デリバリー”されくれる、この通称「デリヘル」は、“お店に行く”というリスクをなくし、まるで生身の“彼女”と遊べているような感覚を得ることができます。
現在かなり人気急上昇中の風俗。まずはデリヘルを使って女性に慣れるところから始めてみましょう。

デリヘル、風俗に関する解説ページはこちら

デリヘル使って女性に慣れてみる
〜かわいいデリヘル嬢写真でお店を選べるデリヘル検索サイト〜

デリヘル1分間!