童貞専用:女性を気持ち良くする必勝テクニック

童貞脱出のためには女性のことをよく知っておく必要もあります。ここで私が長年かけて蓄えてきた知識を女性のカテゴリ別にご紹介したいと思います。
ただ、知識ばかりが大事ではありませんし、あんまり知り尽くしすぎているのも女性からは敬遠されるものですから、ここでの情報はほんの予備知識程度に持っていてください。

このページでご紹介するのは「年下」を気持ち良くする必勝テクニックです。

童貞専用テクニックの前に:年下とは

説明の必要はないかもしれませんが、年下というのは自分より年齢が下である人のことを指します。見た目が幼い、性格が子供っぽい、というのはこのページで指す年下には含まれません。

男女のカップルは男性が年上、女性が年下だというパターンが割と王道であるように言われています。もちろんその逆も、あるいは同い年というカップルも当然存在しますが、比率で言うと圧倒的に多いのではないでしょうか?

なので男性は年下女性に、女性は年上男性に憧れる傾向があるということも言えそうです。このページではその仮定に基づき、年下女性を気持ち良くさせるテクニックを色々とご紹介していきます。

童貞専用テク:年下を気持ち良くさせる:会話編

年下女性を大きく2つのタイプに分けます。1つは年上男性の言う事を顕著に聞き従順な態度を見せるタイプ。もう1つは年上だからとそれらしい態度を取られることを嫌がる強情なタイプ。

従順なタイプの年下女性には、頼れる年上をアピールしてみましょう。経済問題や政治問題に詳しいところを見せたり、仕事の愚痴や不満など滅多に言わないような大人な姿勢を。

強情タイプの年下女性はいわゆるツンデレな面も持ちます。年上男性が偉そうな態度を見せたり、叱ったりすることに対しては反発しますが、逆に全く相手にされないとなると今度はさ寂しがる傾向に。少々世話が焼ける相手ですが、強情タイプの年下女性には適度に褒め言葉などを与え、たまには自分の悩みごとなどを打ち明けることがバランスを取るポイントです。

童貞専用テク:年下を気持ち良くさせる:技術編

従順なタイプの年下女性は、こちらから引っ張ってあげることです。判断を任せず、ある程度こちらから提示してみます。迷っているようだったら、決めてあげてください。責任を感じるようなことに苦手な面がありますので、あくまで主導はこちらからしてあげると良いと思います。しかしエッチなことをするときに限っては、「してして」と甘えると、張り切って頑張ってくれるタイプでもあります。

強情なタイプの年下女性は、言いなりになることを嫌います。あくまで関係は対等であり、一方的に決めてしまわないように気を付けてください。エッチなことをする際も決して女性の方をぞんざいに扱わないように注意してください。自分が道具のように扱われていると感じると、途端に機嫌を損ねてしまいます。あくまで対等に、気持ち良くさせて貰っているという思いを忘れずに。

童貞専用テク:年下との付き合い方

従順なタイプの年下女性とは男性の方が半歩くらい先を歩く程度がベストです。そんな中でたまに甘えた部分を出したりすることで、良いバランスがキープできるでしょう。

強情なタイプの年下女性には決して高慢な態度を取らず、女性の方を持ち上げるくらいの気持ちで臨んだ方が上手くいくようです。説教や叱責を嫌いますので注意してください。

ポイントを押さえれば、年上男性・年下女性というカップルの相性は良いはずです。相手の性質に合わせた付き合い方を抑えて、上手な関係を作っていって下さい。

童貞専用:女性を気持ち良くする必勝テクニック:前後ページ

童貞専用:女性を気持ち良くする必勝テクニック」前後のページに飛べます。

童貞脱出〜風俗で女性経験をアップ!

童貞脱出のためにはやはり女性のことをもっと詳しく知る事が必要。それなら断然風俗がおすすめ。
中でも今一番アツいのが「デリバリーヘルス」という風俗業。
文字通り、自宅やホテルに女の子が“デリバリー”されくれる、この通称「デリヘル」は、“お店に行く”というリスクをなくし、まるで生身の“彼女”と遊べているような感覚を得ることができます。
現在かなり人気急上昇中の風俗。まずはデリヘルを使って女性に慣れるところから始めてみましょう。

デリヘル、風俗に関する解説ページはこちら

デリヘル使って女性に慣れてみる
〜かわいいデリヘル嬢写真でお店を選べるデリヘル検索サイト〜

デリヘル1分間!